生活保護受給者の方へ

生活保護受給者の方 自己負担0円でお葬式を行えます

生活保護を受けており、経済的に葬儀を行うことが難しい場合、「葬祭扶助制度」を利用することで、扶助費用内であれば自己負担せずに葬儀を行うことができます。(令和2年度現在)

受給条件 ・葬儀を執り行うご本人が生活保護を受けている場合
・生活保護を受けていた方が亡くなり、その方に身寄りがない場合
※生活保護を受けていた方が亡くなっても、葬儀を行う家族・親族が生活保護を受けていない場合、葬祭扶助は通常適用されませんので各自治体でご確認ください。
扶助内容 大人209,000円以内 / 小人(12歳未満)167,200円以内
※生活保護法による保護の基準表をご参照ください。
※自治体や年度によって異なる場合がございます。
請求手続 事前に申請者の住民票のある自治体、または被保険者が保護費を受けていた自治体にご確認ください。

※生活保護法において定められている、葬儀に対する保護制度です。葬儀場や祭壇を備えるような一般的なお葬式は認められておらず、必要最小限の火葬のみを行うお葬式(直葬)の補助に限られます。